規制が厳しい外国人向けのカードローン

規制が厳しい外国人がローンを借入するための条件

ネット上では外国人に対して非常に厳しい意見を投げかけるような匿名の人たちが多く、彼らはネトウヨと呼ばれています。特にアジア地域の特定の国に対してすごく憎しみを持っているようで、罵詈雑言を書き込んだりして問題になっているのですが、こういった彼らが対象とする外国人に対して日本は昔から保守的で、非常に厳しい態度をとってきた国です。なぜなら日本は国連からも注意されるくらい、外国人の受け入れをしてきていないからです。そのため、日本人ばかりの国になって、多様性が必要と今頃になって言われたりしています。ダイバーシティという言葉が流行し始めたのも、最近のことです。

そんな外国人に実は厳しい日本なのですが、それを表すのがひとつカードローンの規制です。カードローンといえばだれでも簡単に利用できて、しかも保証人や担保などがいらないからフリーターや学生でも利用できるということで、日本人は多くの人が利用できています。しかしこのカードローンを外国人が使おうとすると、実はちょっとした旅行者ややってきた家族位だと使うことが出来ないのです。就労ビザなどで働くためにやってきている、いわゆる出稼ぎの人たちというのは使うことが出来ないというルールが有るのです。

日本に働きにやってきている外国人もいますから、使えないのは辛いと思いますが、ルールとして永住権を持っている人だけが使えるようになっているのです。これはカードローンだけではなく、あらゆる基本的な貸金業について言えることで、住宅ローンを組むこともできません。かなり厳しいルールだと思いますが、その分隠れて貸出をするような中小の街金などもいるので、そういったところが外国人を狙って高い金利で貸し出したりしているというウワサもあります。

インターネットを見ているとまるで日本人よりも外国人を大事にしているようなところがある用に思うかもしれませんが、日本は明らかに外国人につめたい国だというのはこのカードローンの一件を見ても明らかです。また国連や外国に言われたりしないためにも、少し考えなおさないと行けないかもしれません。