住宅ローンは変動金利か固定金利かの問題

変動金利と固定金利、住宅ローンでどちらが有利なのか

様々な雑誌で書かれている住宅ローンの選び方なんですけれども、実際にそういった住宅ローンを選んでいる人からすると、金利が安かったり使い勝手がいいものであったり、もしくは繰り上げ返済をするときに手数料が安いとか色々な条件で使いたいものを選ぶと思います。本来であれば使っている銀行口座があるところから選ぶ人が多いと思いますが、これほどまでに多くの銀行やその他の信用金庫などなど、いろいろなところが商品としての住宅ローンを出していると迷うとろこであります。

それならどこを選ぶか?という時に雑誌などでも特集されるのがやっぱり変動金利か固定金利かという所ではないでしょうか。基本的に変動金利か固定金利かどちらがいいかというのは一長一短あるのでどちらがいいとははっきり言えないところがあります。とはいえ、一応のルールというか選ぶ基準というのははっきりとしています。

それは景気です。景気がいいか悪いか、もしくは国債の金利を見ながら判断するようにしたらいいのです。たいてい景気が良い時の国債の金利というのは高く、逆に不景気の時には低くなります。そして銀行の預金金利も同じように動きますし、事業用に貸し出しをする金利も同じように動いています。景気が良い時というのは金利が高いので変動金利にするとどんどん金利が上がっていく可能性があります。ですから固定金利にしておけばずっと一定の金利で支払いをすればいいので楽なのです。うまく行けば固定金利の方が変動金利よりも低くなることもあります。逆に変動金利を選びたいのは将来的に不景気になる可能性が高い時です。今はまさにそういう時で変動金利がすごく低い住宅ローンがたくさんあります。金利が低いとそれだけ元金を減らすことにもつながりますから、早く返済を済ませることも可能です。

実はこういう景気についての判断というのは難しいので、なかなか固定がいいのか変動がいいのか、今はどっちの状態なのかというのが判断しにくいので、みんな迷われていると思います。自分の感性を信じて景気がどちらに動きそうか考えるのもいいと思います。いざとなったらモビットもいいですよ。