お金かしてください

変動金利と固定金利、住宅ローンでどちらが有利なのか

様々な雑誌で書かれている住宅ローンの選び方なんですけれども、実際にそういった住宅ローンを選んでいる人からすると、金利が安かったり使い勝手がいいものであったり、もしくは繰り上げ返済をするときに手数料が安いとか色々な条件で使いたいものを選ぶと思います。本来であれば使っている銀行口座があるところから選ぶ人が多いと思いますが、これほどまでに多くの銀行やその他の信用金庫などなど、いろいろなところが商品としての住宅ローンを出していると迷うとろこであります。

それならどこを選ぶか?という時に雑誌などでも特集されるのがやっぱり変動金利か固定金利かという所ではないでしょうか。基本的に変動金利か固定金利かどちらがいいかというのは一長一短あるのでどちらがいいとははっきり言えないところがあります。とはいえ、一応のルールというか選ぶ基準というのははっきりとしています。

それは景気です。景気がいいか悪いか、もしくは国債の金利を見ながら判断するようにしたらいいのです。たいてい景気が良い時の国債の金利というのは高く、逆に不景気の時には低くなります。そして銀行の預金金利も同じように動きますし、事業用に貸し出しをする金利も同じように動いています。景気が良い時というのは金利が高いので変動金利にするとどんどん金利が上がっていく可能性があります。ですから固定金利にしておけばずっと一定の金利で支払いをすればいいので楽なのです。うまく行けば固定金利の方が変動金利よりも低くなることもあります。逆に変動金利を選びたいのは将来的に不景気になる可能性が高い時です。今はまさにそういう時で変動金利がすごく低い住宅ローンがたくさんあります。金利が低いとそれだけ元金を減らすことにもつながりますから、早く返済を済ませることも可能です。

実はこういう景気についての判断というのは難しいので、なかなか固定がいいのか変動がいいのか、今はどっちの状態なのかというのが判断しにくいので、みんな迷われていると思います。自分の感性を信じて景気がどちらに動きそうか考えるのもいいと思います。いざとなったらモビットもいいですよ。

モビットから増額申請の案内が来たら受けたほうが良い

増額のお誘いというのを受けたことがある人ない人いると思いますが、増額というのはいいものです。消費者金融やカードローンの増額をして悪いことというのはほとんどありません。悪いことをしいて言うのであれば、増額した借入枠を全部使ってしまい、それを返済できずに多重債務に陥ってしまう可能性があるくらいでしょうか。その可能性が増額されるとどうしても多くなってしまいますが、使い方次第で全く気にならないので結果的にユーザー自身が気をつければ問題はないのですが。

さて、モビットなどのカードローンから増額のお誘いが来ることがあります。「そんなものあるのか?もらったことがないぞ」という人もいるでしょうが、これは優良ユーザーにだけ送られるものです。どういった人が対象かというと、返済を遅れない人、むしろ返済が早い人の方が増額のお誘いが多いとされています。どこかで遅延したりしているような人には増額のお誘いはモビットは送らないのです。

このお誘いについて受け入れるか受け入れないかという選択肢がありますが、まず受け入れないということは損であるというのを覚えておきましょう。たとえ借入枠が今でも十分足りているとしても、できるだけ増額しませんか?と言われた増額するようにしたほうがいいのです。なぜかといえばそれが有利になるからです。金利が安くなる可能性があるから、増額申請をしたほうがいいというわけです。

モビットの金利は基本的に借入枠の大きさによって決まります。借入枠が大きい人ほど金利が低くなっているので、増額して枠が大きくなればたとえ同じような額しか使っていなかったとしても、かなり安い金利で借り入れをすることができるようになるのです。ですから金利のことを考えれば圧倒的に有利なので、借入枠が十分足りていたとしても増額のお誘いがあるのであれば受けたほうがいいのです。

「それなら増額申請をした方がいいな」と思っている人もいるでしょうが、モビットはそう簡単に増額を承諾してくれないでしょう。こちらからの申請に対してはかなり厳しい姿勢で挑まれるので、その点を理解した上でモビットに対して申請すべきです。

ノンバンクとサラ金の違いはほとんどないが定義が少し異なる

よく聞く言葉だけれども定義が曖昧でよくわからないとか、実際にはわからずに使っている言葉って結構多くありませんか?それは意味が通じ合うならば問題がないのですが、急に子どもや年下の人に聞かれて焦ってしまわないためにも、ある程度は知っておいたほうがいいといえるでしょう。

多くの人が言葉は知っているけれども実際にはどういうものかわからない、というものではノンバンクという言葉があります。大体の場合ノンバンクというのはサラ金のことを指すのですが、じゃあサラ金と違いはあるのか?といわれてすぐに答えられる人はごく少数ではないかと思います。そのくらいノンバンクとサラ金の違いというのはなんとなくわかっていたとしても、全て答えられるほど多くの人は知らないのです。

実際にどういう違いがあるのか?というとほぼ同じ意味合いで使われています。ただ、ノンバンクのほうが少し範囲が広いかなと思います。元々は同じようなものではありますが、定義や見方によって言葉が変わっていると思っていいでしょう。

まずノンバンクの方ですが、これはその名の通りバンクではない、銀行ではないという意味です。銀行ではないものはたくさんありますが、その中でも銀行のように預金や為替業務というものをしていない貸金業者のことをノンバンクというのです。つまりサラ金などを始めとして貸金業者は全てノンバンクに当てはまるのです。逆にサラ金という言葉はなぜ生まれたかというと、元々消費者金融の中でもサラリーマンが利用者が多かったために、そのサラリーマンをターゲットにして貸出をしていた貸金業者のことをサラ金と言っていたのです。今でもたまに使われるこの言葉ですが、サラリーマン以外も最近では利用される事が多い貸金業者ですから、あまり正確ではなくなってきていると言えるでしょう。

結果的にほとんど指している物自体が変わらないので、サラ金やノンバンクという言葉の違いなどを知らなくても、会話は成立します。ただ、こういった定義の違いがあるということだけを軽く知っていると、人から聞かれた時にかっこ良く答えられると思います。

規制が厳しい外国人がローンを借入するための条件

ネット上では外国人に対して非常に厳しい意見を投げかけるような匿名の人たちが多く、彼らはネトウヨと呼ばれています。特にアジア地域の特定の国に対してすごく憎しみを持っているようで、罵詈雑言を書き込んだりして問題になっているのですが、こういった彼らが対象とする外国人に対して日本は昔から保守的で、非常に厳しい態度をとってきた国です。なぜなら日本は国連からも注意されるくらい、外国人の受け入れをしてきていないからです。そのため、日本人ばかりの国になって、多様性が必要と今頃になって言われたりしています。ダイバーシティという言葉が流行し始めたのも、最近のことです。

そんな外国人に実は厳しい日本なのですが、それを表すのがひとつカードローンの規制です。カードローンといえばだれでも簡単に利用できて、しかも保証人や担保などがいらないからフリーターや学生でも利用できるということで、日本人は多くの人が利用できています。しかしこのカードローンを外国人が使おうとすると、実はちょっとした旅行者ややってきた家族位だと使うことが出来ないのです。就労ビザなどで働くためにやってきている、いわゆる出稼ぎの人たちというのは使うことが出来ないというルールが有るのです。

日本に働きにやってきている外国人もいますから、使えないのは辛いと思いますが、ルールとして永住権を持っている人だけが使えるようになっているのです。これはカードローンだけではなく、あらゆる基本的な貸金業について言えることで、住宅ローンを組むこともできません。かなり厳しいルールだと思いますが、その分隠れて貸出をするような中小の街金などもいるので、そういったところが外国人を狙って高い金利で貸し出したりしているというウワサもあります。

インターネットを見ているとまるで日本人よりも外国人を大事にしているようなところがある用に思うかもしれませんが、日本は明らかに外国人につめたい国だというのはこのカードローンの一件を見ても明らかです。また国連や外国に言われたりしないためにも、少し考えなおさないと行けないかもしれません。

ローンを経費扱いする際に一括払い扱いにすることもできる

カードローンや何かを購入した時に分割してローンを使うという方法があります。大きなものを購入するときに使ったりしますが、事業用の場合は経費にすることができます。支払う利息なども経費扱いにすることができますし、何かとローンは利用しやすいのですが出来るだけ経費を多くしたいという考え方を持つのが普通ですよね。なぜならそのほうが利益が少なくなって結果的に税金を支払う額が非常に少なくなるからです。多くの企業が出来るだけ税金を払わないようにと利益を圧縮してかかっています。ですから大きな買い物の場合は分割で減価償却して行かないといけないわけですが、実は中小企業の場合はそういった減価償却をしないでも、経費扱いにして一括で処理することも可能なのです。

元々会計にはルールがちゃんとあって、大きな買い物については減価償却していくことになっています。大きな買い物というのは長年使うもので、ビルなどの不動産に机などの什器やパソコン等です。こういったものを購入した時には耐用年数で割った分しか経費に入れることはできませんでした。大企業は今でもそうですが、中小企業の場合は特別措置としてある程度小さい額であれば損金算入できるようになっているのです。つまり経費として一括で扱えるということです。これはだいたいパソコンなどの小さなものであればできるようになっているということです。詳しい品目については税理士さんに聞いてみるか、もしくは税務署のホームページなどで確認する必要があるでしょう。

この方法を知らなければコツコツと減価償却をして少ない額の経費で税金を払っている人がいるかもしれません。そのような方法は正しいのですが、お金に余裕のある大企業だけに任せておけばいいのです。中小企業であればローンで購入した固定資産については、でいるだけ一括で経費として処理するほうが無難でしょう。結果的に経営も楽になるでしょうし、業績を伸ばして従業員や取引先を幸せにするためには必要なことであると言えると思います。

サイトマップ